依然として同「Office 2013」を使い続ける企業も多い

The only place you can speak to colors without taking acid!

依然として同「Office 2013」を使い続ける企業も多い

Postby salesoftjp » Wed Dec 28, 2016 2:47 am

Windows Updateの起動方法は、Windows7では主に以下の3通り。?「コントロール パネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」?Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)を起動中の場合、「ツール」→「Windows Update」?スタート メニュー →「ファイル名を指定して実行」→ 名前欄に"wuapp"と打ち込み「OK」をクリック※MT-Soft(エムティ?ソフト)さんが作成したフリーソフトウェア「ポイント位置の文字列取得」は2015/01/27現在の最新版Ver3.97を / で入手可。

( では旧バージョンのVer3.80が公開中)手順1Office 2016 ダウンロード 版:上記の「ポイント位置の文字列取得」を起動した後、Windows Updateで「更新履歴の表示」をクリック。↓手順2:「ポイント位置の文字列取得」の画面で「開始」をクリック。↓手順3:更新履歴表示内容にマウスカーソルをしばらく適当に重ね合わせる。(「名前」「状態」「重要度」「インストール日」どの欄に重ね合わせても、更新プログラム名が取り込まれる)↓手順4:「ポイント位置の文字列取得」画面下部に極短時間だけ表示される「取得中」の表示が消えたら、インストールした更新プログラム名が最大65535文字まで取り込まれる。(単位はバイトじゃない。また、成功?失敗?2回目以降の同一プログラム更新分も全て取り込まれる)そこでキーボード上の「Esc」キーを押すと、取り込み作業終了。↓手順5:「ポイント位置の文字列取得」の画面に取り込まれた文字列を、Ctrl+A → Ctrl+C で全部クリップボードにコピーし、それをテキストエディタの画面上に貼り付けてからファイルとして保存する。

(文字コードはUTF-16LEを推奨)Windows Updateでインストール作業済の更新プログラム一覧を以上の手順で取り込んだところ、全部で647行(改行コードを含めて46325文字)に達しました。その内、今朝のWindows Updateでインストール済の更新プログラム名の一覧をここに書き写しておきます。(20本/計112MB/インストール~再起動終了までの所要時間は10分)Microsoft Office 2010 (KB2837602) 32 ビット版 の更新プログラムWindows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3003743)Microsoft Office 2010 (KB2899521) 32 ビット版 の定義の更新Microsoft PowerPoint 2010 (KB2878251) 32 ビット版 の更新プログラムWindows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3003057)Microsoft Excel 2010 (KB2889935) 32 ビット版 の更新プログラムWindows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB2993958)Microsoft Office 2010 (KB2589386) 32 ビット版 の更新プログラムMicrosoft Office 2010 (KB2687275) 32 ビット版 の更新プログラムWindows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB2991963)Windows 7 for x64-Based Systems

用セキュリティ更新プログラム (KB3005607)Windows 7、Vista、Server 2008、Server 2008 R2 x64 用 Microsoft .NET Framework 4.5、4.5.1、4.5.2 セキュリティ更新プログラム (KB2978128)悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2014 年 11 月 (KB890830)Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB2992611)Microsoft .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラム (x64 ベース システム用 Windows 7 および x64 ベース システム用 Windows Server 2008 R2 SP1 向け) (KB2978120)Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3002885)Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3010788)Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3008627)Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (ウィンドウズ 10 ホーム プレミアム)本ブログ内の関連記事:2015/07/28 Windows10発売前日の懸念事項…旧ヘルプ表示プログラム"WinHlp32.exe"2015/03/25 Windows10の足音が聞こえる…

2015/01/12 Windows Updateでの2015年セキュリティ情報リリース日程2014/08/13 Update/アップデート/更新 (Microsoft/Adobe)2014/07/12 PC用インターネット回線の通信速度計測「Office 2013」と別れられない“わが社の事情” ( その他インターネット ) - 空副のブログ
「Office 2013」と別れられない“わが社の事情” という記事を見つけました モバイルファースト、クラウドファースト環境への移行が叫ばれる中(そこには当然米Microsoftの 「Office 365」も含まれるが)、依然として同「Office 2013」を使い続ける企業も多い。 
salesoftjp
 
Posts: 59
Joined: Wed Apr 20, 2016 1:41 am

Return to Speak to Colors

Who is online

Users browsing this forum: tvpti771 and 27 guests

cron